男の人

中古マンションのススメ|必見の価値があります

不動産の査定をする

お金

不動産査定を利用することで相場の価格帯を早期に知ることができ、売却までスムーズにいくことが考えられ、早期に現金化できるのが不動産査定の最大のメリットでしょう。また、一般的には2、3か月以内に売却できるかどうかがポイントであり、売却できない場合には他社に乗り換える必要があるでしょう。

もっと読む

相場をおさえよう

説明

不動産売却には前準備が必要です。そんな中でも相場を知ることは確実に売れる金額を設定するために大切な事です。注意点として、購入時と現在では建設基準法が変わっている場合、同じような建物が建設できなくなっている場合があります。

もっと読む

価格と面積重視の物件探し

アパート

格安な物件の概要

横浜で住まいを購入するときに選ばれているのが、価格が手ごろな中古マンションです。職場までのアクセスを重視するときには駅前の物件を選ぶ傾向が強いですが、子育てを重視する場合には面積と価格にこだわるのが一般的です。面積と価格に注目して中古マンションを探したいときには、不動産情報サイトの並べ替え機能が便利です。価格や面積で横浜の中古マンション情報が整理できるので、子供部屋が確保できる広い物件を見つけるのも容易です。最も格安なファミリー向けの中古マンションは1000万円程度であり、頭金ゼロでもゆとりを持ってローンを返済できるでしょう。とりわけ注目度が高まっている横浜市内のマンションは、大規模な団地内のリフォーム済み物件です。

高く評価されている理由

3LDKの中古マンションがお得に購入できることが、横浜市内の中古物件の人気が高まっている理由です。1960年代から現在まで継続的にマンション建設が行われてきたので、中古物件のストックも豊富です。建設してから10年以内のマンションは、ハイグレードな住まいを希望する人からの評価も高いです。2000万円以内で購入できるファミリータイプの物件は、小中学生の子供がいる世帯の間で根強い人気です。新築物件の開発も手掛ける業者が中古物件を取り扱っているので、マンション購入後のアフターサービスも万全です。鉄道会社系や大手の不動産会社も中古物件の取り扱いを積極的に行っており、ブランドマンションもスムーズに探せるでしょう。

不動産のプロに知恵借りる

説明

不動産関係のトラブルでも借地に関する問題が多くを占めており、平成以降の法律改正がその背景にあります。借地借家法施行以前の旧法は賃借人保護が優先されましたが、施行以降は地主に有利な制度に変わっているのです。新法と旧法が入り組む複雑な問題も、借地権問題のプロに相談すれば解決への知恵を授けてくれます。

もっと読む